【疑問】現場監督の良いところ、現場監督の悪いところ

生活向上

こんにちは、ブックマンです。

 

現場監督の皆さん、施工管理はつらいですか?

私はつらいこともありますし、楽しいこともあります。

 

楽しいと思っている方は是非この先現場監督を続けて頂ければと思います。

つらいと思っている人は楽しいこともあるんだよということを知ってもらいたいです。

今回は現場監督の楽しいことと、つらいことを記事にしたいと思いますので見てくださいね。

 

この記事はこんな人におすすめ
・毎日がつらい
・現場監督の何が楽しいかよく分からない
・もっと自分に合った仕事があるのではないかと考える

 

この記事で伝えたいこと
・現場監督はつらいことの方が多いですが楽しいことも少しあります

 

 

現場監督ってどうなの?

現場監督のイラスト

ずいぶん曖昧な表現ですが現場監督ってどうなんですかね。

楽しいのか、つまらないのか、大変なのか、給料が高いのか、休みが少ないのかよくわかりませんね。

 

ぶっちゃけ実際のところ、皆に進めれるような仕事ではありません。

 

理由は後で詳しく説明しますが、仕事量の割には対価が少ないと率直に思います。

とはいえ、どこで楽をするかと言うのも大事なポイントです。

良いところ3割、悪いところ7割という感じです。

 

では悪いところと良いところを紹介していきます。

 

 

現場監督の悪いところ

いろいろな文字付きの表情のイラスト(男性) イライラ

現場監督という職業は悪いところはたくさんあります。まあたくさんあります。

 

現場監督の悪いところ
・仕事が多い
・休みが少ない
・残業が多い
・理不尽がある
・不平等
・給料に不満
・会話が出来ないと仕事にならない

こんなところです。サクッとなぜ悪いのかを考えてみます。

 

 

・仕事が多い

ワーカホリック・仕事中毒のイラスト

現場監督は仕事がとても多いです。

現場の中でやらなくてもいい仕事は現場監督にはありません。

 

どんな小さな仕事でも計画して指示して確認をすることになります。

一つや二つだったらいいですが同時に10の事があったりします。

5つ減らしている間に10増えるようなことが建物の完成まで続きます。仕事が多くて疲れます。

 

 

・休みが少ない

急いで走る作業員のイラスト(男性)

現場は工期を間にあわせるため、週6日で動きます。

現場監督も施工管理をするために週6日で出勤します。

また、工期がない場合は日曜日も働く可能性があります。

 

一般的なサラリーマンとは違い休みが少ないです。

年間休みでいえば週休2日の場合、100日くらいですが週休1日では50日くらいです。

忙しい現場に配属されたらもっと休みはないです。

他のサラリーマンなどと比べれば休みは少ないです。

 

 

・残業が多い

クリスマスに働く人のイラスト

現場監督は仕事が多いので残業が多いです。

仕事が多くても残業しない仕事もあるでしょう。

 

しかし現場監督には工期があります。

工期が迫っているため、短い期間で多くの仕事を終わらせる必要があります。

そうすると必然的に残業が多くなります。

 

 

・理不尽がある

なんで同僚(上司)が起こっているか分からずに困った顔をしているアスペルガー症候群の男性会社員のイラストです。

現場監督の理不尽を感じるのは、担当じゃないのに責められることです。

それってあの人がやるって言ってたのになぜか自分が出来てないと怒られます。

自分じゃないと言い出したところで言い訳するなみたいなことを言われるのです。

 

みんな切羽詰まって気遣う余裕がないため、こんなことが起きるのでしょうがそれでも理不尽を食らう方は嫌な気持ちになります。

 

 

・不平等

贔屓のイラスト(会社)

現場監督は色々不平等です。

給料や仕事には差が多いです。多すぎるくらいです。

給料は所属する会社、役職によって変わるため多少仕方ない部分もあります。

 

仕事はいくら自分の仕事を終わらせようとどんどん仕事を増やされます。

出来ない人の仕事までやらされます。

 

それをやらせるのが管理職の仕事だろと思いますが、管理職も出来ない人にやらせるのも面倒なのでやる人にやらせます。

仕事が出来れば出来るほど、仕事が多くなる不平等が現場監督にはあります。

 

 

・給料に不満

賃金格差のイラスト

やってる仕事量の割に給料が安い。

世の中にはもっと簡単で楽なのに給料をたくさんもらっている仕事もあると不満があります。

同じ現場監督で同じ仕事量なのにもらってる給料は全然違うということもあります。

面白くありませんが世の中がそういう風に出来てますので諦めましょう。

 

 

・会話が出来ないと仕事にならない

頭にクエスチョンマークを浮かべた人のイラスト(男性)

現場監督は口下手な人には無理です。

工場のようにマニュアルがあるわけではありませんので、自分の意思を自分で伝える必要があります。

その時に会話が苦手な人は何を伝えたいか分からない。どう伝えていいか分からない。となります。

 

学校ではないので親切に教えてくれる人は少ないです。

ですので、会話が苦手と言うより会話をしたくないと言う人には現場監督は向きません。

 

 

以上、現場監督の悪いところです。

まだ沢山あるかと思いますが言いすぎても自分のやる気がなくなりそうなので、このへんでやめておきます。

 

次は現場監督の良いところです。

 

 

現場監督の良いところ

いろいろな文字付きの表情のイラスト(男性) にこにこ

現場監督に良いところは少しあります。悲しいけど少しです。

しかも人によってはそれって悪いことじゃない?と感じるところもあります。

でも私は良いところと思っているので言います。

 

現場監督の良いところ
・思い通りに現場を動かせる。
・やることやったらサボれる。
・建物が残る。

 

こんなとこです。こんなもんです。

それでもこの仕事を続けて来れたのは良いところがあったからです。

 

では良いところを紹介します。

 

 

・思い通りに現場を動かせる。

説明会・セミナーのイラスト

現場監督の仕事は建物を建てることです。

その目的にそって、ルールを守れば何をしても良いのです。

 

言うなれば詰将棋みたいな感覚が近いかもしれません。

職人はそれぞれの役割を持って仕事に取り組んでいますので役割を把握し、仕事の出来る環境を整えてあげれば勝手にやっています。

 

そうして色々な人をうまく使うことで目的である建物を建てることが出来ます。

自分の計画がそのまま現場に反映されれば、正に思い通りに現場を動かしているのです。

自分は最小の労力で最大の成果を発揮するのが好きな人には向いている職業です。

 

 

・やることやったらサボれる。

仕事をサボる人のイラスト

現場監督のやることはたくさんありますが無限ではありません。必ずやることがなくなります。

やることが無くなる時は建物が完成して検査を終えた時です。

 

しかし、その後はすぐに違う現場に行かされるため、休む期間はありません。

ではいつサボれば良いのかといえば建物が完成する前に計画を完成させてしまえば良いのです。

 

計画さえ出来ていれば後は現場管理だけです。

計画通りに出来ているかを見るだけなので1日1時間もあれば見れるでしょう。

 

後の7時間くらいは特にやることはありません。

好きなことをやっていてもやることがないので咎められないのです。

 

もちろんやることをやってなかったら話は違います。

本当にただのサボり野郎になってしまいます。

やることやってればサボることができるのが現場監督の良いところです。

 

 

・建物が残る

大企業

工事で完成させた建物は50年や100年とかずっとその場にあります。

自分が死ぬかどうかまで建物が残るので、たまに通ったりテレビに映ったりすると自分が建てたものがまだ残ってると嬉しくなります。

それが何十個もあればどんどん嬉しさは増します。

 

やりがいという仕事の価値観を狂わせる恐ろしい言葉がありますが、正にぴったりの言葉だと思います。

自分が建てたと実感できることが現場監督の大きな価値感だと感じます。

 

 

以上が良いところです。

仕事なんてお金をもらいながらどれだけ楽しむかだと思います。

 

現場監督が性に合わない人もたくさんいると思います。

これを機に一度自分が楽しめているかどうかを見つめなおすのもいいかもしれません。

 

 

現場監督のまとめ

現場監督は大変で忙しい
現場監督はうまくやれば楽ができる
仕事なんて金稼ぎなのでどれだけ楽しめるか重要

 

どんな仕事であれ、大変なことはあるし、楽しいことはあります。

その中で自分の価値感が合っている仕事が向いている職業です。

 

現場監督は世間の目からはあまり待遇の良い職業ではありません。

でもやっている人はやる意味を感じてやってますので馬鹿にすることはできません。

この記事を読んでくれた人も現場監督をこのまま続けていけるのか考える機会になってくれればうれしいです。

 

 

↓ボタンを押して応援よろしくお願いします。


建設・不動産業ランキング

 

 

 

 

 

コメント