施工記録がないと後で面倒。品質写真をしっかり撮ろう

施工管理

現場監督として一度は経験のある工事写真撮影ですが、撮ったはいいが後でダメで怒られることもあると思います。

どんな写真が良くて、どんな写真が悪いのかよく分からないという人はこうしましょう。

 

興味がある方は見ていってください。

この記事はこんな人におすすめ
・何を工事写真として取ればよいのか分からない
・写真が上手に撮れない
・一回で写真を撮るのを終わらせたい

 

この記事で伝えたいこと
・「何を」記録するかを意識して写真を撮れば、何度も撮り直しをしなくなる

 

【結論】何を記録するかを意識して写真を撮ろう

工事現場で記録として撮る必要のある写真は品質写真のみです。

 

こう言うと嘘でしょ!?と思うかもしれませんが本当です。

 

いつも工事で撮っている写真はどんな分類ですか考えてみましょう。

・品質写真
・工事状況写真
・報告書写真
・指摘事項写真

これらの事が考えられます。

 

この中でも絶対必要なのが品質写真です。

 

品質写真は現場の施工記録です。

昔と違い、現場のチェックシートだけでは品質記録としては不十分です。

 

自分たちのやっていることが正しいことを証明するために工事写真を撮ります。

他の写真は別に工事記録として誰かに証明をする義務はありません。

 

工事状況写真は工事状況を伝えるためであって何か記録の義務はありません。

報告書も写真としてのほうが分かりやすいです。

指摘事項も写真があればすぐ何を指摘しているかすぐ分かります。

 

これらのことから

 

品質写真は工事記録として必要

その他の写真は誰かに何かを伝えるために便利

 

と考えるべきです。

今回は品質写真についてお話ししたいと思います。

 

 

【経験談】品質写真を撮ってない

笑顔
笑顔

明日コンクリート打設だけど鉄筋の写真は撮った?

笑顔 若手
笑顔 若手

いえ、まだです。必要ですか?

落ち着いてる
落ち着いてる

何で撮ってないの?後で確認できないでしょ。

どうやって工事の品質を確認するの

 

落ち着いてる
落ち着いてる

それはチェックシートで証明できませんか

怒り
怒り

チェックシートなんて紙でレ点を付けるだけなんだから

品質を証明できないでしょ

怒り 若手
怒り 若手

え?じゃあチェックシートなんて意味ないじゃないですか

怒り
怒り

意味なくはないよ。でも品質を確認するには不十分なんだよ。

品質写真は必要だから明日早出してでも必ず撮っておいて

 

怒り 若手
怒り 若手

・・・分かりました

 

品質写真を撮ってない。

というか何を撮ればよいかよく分からない。

という方はたくさんいると思います。

 

上司もよく分かってない人がいるため、指示も人によって様々です。

言った言わないで撮った撮らないというのは悲しいので、何を品質記録として撮ればよいかを覚えましょう。

 

 

【問題点、解決策】設計図を記録する

品質写真で何を記録する必要があるか

 

それは

設計図に書いてあることです。

 

皆さんの現場にも設計図はあると思います。

なければ施工管理なんてできません。

 

設計図は施主と設計と施工管理がこの通りに作りますという約束事です。

 

また、設計図は必ず役所へ確認申請をしなくては工事を着手できません。

設計図というのは見方を変えれば、工事に関わる人たちがこの建物をこの図面通りに作りますよという約束事なのです。

 

では、設計図通り出来ているかどう証明するかと言えば写真になります。

チェックシートも必要ですが「本当に?」と言われた時に「本当です!」と返事が出来るのが写真です。

後で本当に設計図通り「やったの?」と聞かれて「やりました!」と答えられることが写真に求められています。

 

 

【問題点、解決策】品質写真が必要なのは2回だけ

品質写真を記録しましょうと言われてもいつ必要なのか、誰に必要なのかが分からないので写真を撮っているけど、なぜ必要なのかと思う時があります。

 

実は品質写真が必要なのは2回だけなのです。

それは

・検査の時

・後で問題が起きた時

です。

 

・検査の時に写真が必要

若手が品質写真を撮る現場が多いと思います。

 

現場で写真が必要な時は「上司に言われた、配筋検査に必要、とりあえず撮っておこう」とこのような判断になると思いますが、実は役所検査の時に必要です。

 

なぜこんな考えに至るのか品質記録について少し考えてみましょう。

なぜ品質記録が必要なのか考えたことはありますか

必要と言われたから必要という認識くらいではないでしょうか

 

答えは「法律通りに建物を建てているか確認する」ためです。

 

建物を建てることを許可しているのは誰か

設計者?現場監督?施主?役所?

実はどれも違います。

 

答えは法律です。

 

例えば建築基準法が整備が出来てない国では建物を建てる方法やルールがあいまいです。

建物を建てる「基準」がないのです。

極端な例ですが無国家の無人島でどんな建物を建てようと誰も文句は言いません。

 

検査というのは設計図通りに出来ているかを確認します。

設計図通りということは役所が認めた確認申請通りということです。

役所が認めたということは日本の法律に基づいた基準通りの建物ということです。

 

で、「本当に基準通りに出来てますか?」と言われた時に品質写真で「出来てます」と証明をするのです。

物凄いことを言えば役所検査の時に見る写真さえあれば余計な写真はいりません。

 

しかし、大体何を見るかは分かっても完ぺきに何を見るかは分からないので、たくさんの品質写真を撮る必要があります。

もし、役所の人に工事写真を撮ってない範囲の写真をくださいと言われた時にはピンチです。

 

本当に基準通りに作ってるのかと疑われて、最悪「認可」を受けることができません。

認可を受けれないということは建物が竣工しないということです。

 

建物を竣工させるのが現場監督の職務です。

建物を竣工させれない現場監督なぞゴミと一緒です。

 

そんなことが起きないように先輩や上司、設計者、第3者機関などが品質写真を撮れ撮れと言ってくるのです。

品質写真の必要性が分かりましたか?

 

 

・後で問題が起きた時に品質写真が必要

品質写真はもう一度必要な時があります。

 

それは問題が起きた時です。

 

実は検査の時に写真を1枚1枚見るわけではなく、抜き取り検査になります。

大きな現場になれば10000枚は超える品質写真を検査がある数時間で見切れるわけはなく、抜き取りにて検査になります。

その時にインデックスなどできちんと管理されていることが大事です。

 

品質記録は検査が終われば捨てていいわけではありません。

竣工後も使います。

 

竣工後も何に使うのかといえば不具合が発生した時にどうだったかを調べるために使います。

本当に図面通りに施工したか
図面通りに施工して不具合があるなら何が問題だったのか
どのように不具合を直すのか

このようなことに写真を使います。

 

もし、写真がなければ図面と当時の担当者の聞き取りにて現場の状況を判断しなくてはいけません。

 

本当に図面通りだったのか

 

写真がないと分かりません。

 

不具合は起きてはいけないことですが現実的に起きてしまいます。

そんな時に写真があることで真実と対策が分かります

 

このことから品質写真を撮る必要があります。

 

 

建設現場の品質写真の撮り方

では、何を具体的に撮ればよいかというと隠れてしまう物を撮りましょう。

 

躯体で言えば

・鉄筋
・コンクリート
・打ち込み金物
・止水ゴム
・躯体補修

これらのことです。

 

仕上で言えば

・LGS
・ボード
・区画貫通
・天井内LGS
・防水

これらのことです。

 

他に歩いていて届かない高い天井や後で見にいけない閉鎖的な場所は記録が必要です。

行けないことはないけど行くのが大変な場所の写真は必要です。

 

では色々種類があるので個別具体的な写真の撮り方は今度説明しますが、共通する写真の撮り方があります。

 

それは

・全景と近景を撮る
・ゴミや危険な作業が写真に写ってないことを確認する
・何を撮っているのかをはっきり明記する

この3つです。

 

では一つ一つ説明します。

 

 

全景と近景を撮る

写真を撮る時は全体が分かる写真と何の品質を管理した写真かを分かるようにしましょう。

面倒だからと1枚で終わらせようとするとどっちつかずで使えない写真になります。

 

まずは どこを撮ったのかが分かる写真

次に  何を撮ったのかが分かる写真

 

を意識して撮りましょう。

 

 

ゴミや危険な作業が写真に写ってないことを確認する

せっかく写真を撮ってもゴミが落ちてたり、余計な物が映ってたりするとその写真は使えません。

私の経験ですが配筋写真を撮って、事務所で写真の確認をしていたらクランプが鉄筋にくっついていた写真があり、撮り直しとなりました。

なぜこんなところにクランプが!?と思いましたがきちんと確認しなかったのも悪かったです。

 

また、背景も気を付けましょう。

背景に危険な作業をしている人がいたらその写真は使えません。

とにかく記録に残るものにまずい写真は残せないのです。

 

写真の中だけでもちゃんとした現場にしましょう。

 

 

何を撮っているのかをはっきり明記する

工事写真で黒板をつける時に何を撮っているのかをはっきりしましょう。

配筋の@であればスタッフで寸法を計らなくてはいけないし、ロールマークであればマーキングをして写真で読み取れるようにしなくてはいけません。

 

現場状況のようにぼやっとした写真はあまり役に立ちません。

一つ一つ何を撮っているのかを意識して写真を撮りましょう。

 

 

以上のことをすればあまり役に立たない写真を撮ることが少なくなります。

どうせ写真を撮るなら1回で終わらせましょう。

 

 

現場監督のまとめ

何を撮るかを意識して写真を撮りましょう。
誰が見ても分かるような写真の撮り方をしましょう。
写真はどれを使うか分からないけど無いと困るときがある

 

最近の現場は何でもかんでも写真を撮れと、撮る人の気持ちを考えてない傾向にあります。

記録が多いことは大変よいことですが記録する人、整理する人は大変な労働になります。

とはいえ、的確にどの写真が必要と言える人は一握りです。

 

じゃあせめて撮る写真は全部使えるようにしましょう。

 

無駄に写真を撮っても無駄です。

写真もほどほどに施工管理、施工計画をしましょう。

 

如何でしたでしょうか。

 

↓ボタンを押して応援よろしくお願いします。


建設・不動産業ランキング

コメント