現場で怒られたくない・・・怒られない方法

人間関係
悲しい
悲しい

現場で怒られたくない

 

それは皆そう思っています。

ではどうすれば怒られないのかを考えてみましょう。

 

興味がある方は見ていってください。

この記事はこんな人におすすめ
・いつも怒られる
・怒られたくないと思っている
・怒られるからもうしんどい

 

この記事で伝えたいこと
・怒られるには理由があります。怒らせるようなことをするからです。

【結論】怒られないようにするには「報告」「連絡」「相談」です。

悲しい
悲しい

今日も怒られた

 

理由もわからず怒られたと思っている方は、理由があって怒られていることを知らなくてはいけません。

 

怒るということは結構なパワーを使います。

仲も悪くなるし、良いことがありませんが怒らないといけない状態だから怒るのです。

 

中には怒りたいと思っている人や因縁をつけたりと理不尽な人もいます。

大人数になればなるほど一定数いますので、そんな人は放っておきましょう。

 

怒る側の理由を考えてみたことはありますか?

何に対して怒っているのか、どんなことに対して怒っているのかを知らなくてはいつまでたっても怒られます。

 

答えをいうと怒る理由は

思い通りに事が進んでいないからです。

自分の思っていた通りに進んで怒る人はいません。

必ずうまくいかないから怒るのです。

 

でもそんな人の気持ちなんて分からないし、いちいち合わせてられません。

 

そこで大事なのが

「報告」

「連絡」

「相談」

よく言うホウレンソウですね。

 

なぜ、このホウレンソウが大事なのかというと相手に何をするかを理解してもらうためです。

聞いていたことの通りにやって怒る人はいません。たまにいますけど

 

僕はこうやります。こうやろうと思います。こうやりました。

相手も人なのできちんと話し合えばわかってくれます。

 

それを内緒に事を進めて間違えたり、注意してくれてたことを忘れてたりすると怒ります。

怒られるから隠そうとすると余計悪循環になります。

 

 

ホウレンソウの順番もあります。

まずは相談しましょう。

「こうやろうと思います。どうでしょうか」

この言葉に怒り狂う人はいないと思います。

もちろん計画が悪ければ、その計画に対して怒ります。

実力不足だと思って受け入れましょう。

 

 

次に連絡をしましょう。

「こうやります。」

まだやる前ですので先ほどの相談がしっかりできていれば大丈夫です。

 

 

最後に報告をしましょう。

「こうやりました。」

やった結果を言います。

 

現場で見ているとこの報告だけをしている人がいます。

相談も連絡もないのに報告だけされても困ります。

しかも施工がダメだったり、無駄だったりすると怒りのゲージも上がります。

 

 

思った通りではないから怒るというのは意思疎通の悪さから怒ることだと思います。

 

怒られたくないなら、よく報告・連絡・相談をしましょう。

 

 

【経験談】何でもかんでも怒る人がいる

怒り
怒り

これどうなってんの

怒り 若手
怒り 若手

これはこないだ話しましたよね

怒り
怒り

知らないよ。聞いてないよ

怒り 若手
怒り 若手

でも資料も渡しましたし、メールでも伝えてますよ

怒り
怒り

こんな計画ちゃんと説明してくれなきゃわからないよ

怒り 若手
怒り 若手

そんなこと言われてもなぁ

 

実際こんな人はいます。

 

じゃあめんどくさいから話さない

なのか

じゃあ分かるまで話してやろうじゃないか

 

のどちらかを選ぶことになると思います。

 

私は後者ですけどね。

 

持論ではありますが、現場監督は現場がうまくいくことに重きを置くべきです。

計画に納得がいってない人がいるのに作業を進めてはいけないと思います。

 

私は性格が悪いので売られたケンカは買います。

何が悪いんですか?こうでいいでしょ?

とは言いません。

 

どこが悪いのですか?どうすればよいのですか?

と相手にも責任を持たせるような討論をします。

 

そして、その言ったことに対して無謀であれば「その計画ではダメです」と否定します。

自分でも思いますが性格が悪いですね。

 

とはいえ、怒られるだけでは面白くありません。

一生懸命考えたことをただ怒られても納得がいかないのでどうすればよいかを考えます。

 

仕事に対しては前向きですが対人に対してはケンカ腰なのでよくありません。

怒られたくないという人には参考にならないと思います。

 

余計な話でした。

 

 

【問題点、解決策】資料だけ置く、メールだけ送るは怒らせます。

笑顔
笑顔

資料を置いておけば見るだろう

 

この考え方はやめましょう。

同じ部署ならなおさらです。

 

置かれた側からすれば「突然なんだこれは?」とイレギュラーが発生します。

思っていないことが起こるので怒りのメーターが少し上がります。

最初から怒りのメーター上げさせてからのスタートなので怒られやすくなります。

 

一番良いのが資料を置くにしても、メールを送るにしても連絡をしましょう。

この資料はこういう資料なので見ておいてください。

あの件をメールで送っておいたので見ておいてください。

この会話が出来れば大体穏便に済みます。

どうしても不在な場合は資料に付箋でも貼って「ご確認ください」とでも書いておきましょう。

 

ただ置いておく、ただ送っておく

この方法は意思疎通が取れてないのでもう一声頑張りましょう。

 

自分が怒られないためです。

 

 

現場監督のまとめ

怒られたくないなら意思疎通をしっかりとりましょう。
怒らせる理由があることを理解しましょう。
分かってもらえると考えてはだめです。分かってもらえてないから怒られます。

 

誰も怒られたい人はいません。

君はダメだね。と言われて喜ぶ人はいません。

怒られるということは否定されるということです。

否定されれば人は気が落ち込みます。

 

怒らせないようにとは少し違いますが、怒らせることはしないようにしましょう。

 

 

如何でしたでしょうか。

 

↓ボタンを押して応援よろしくお願いします。


建設・不動産業ランキング

コメント