現場監督の仕事が暇になったらやっておくこと

効率・時間短縮
やる気なし
やる気なし

やる事が無くなった。今日は何しよう

 

そんな現場になった人はただ仕事をしているフリをするのではなく、新しいことを始めましょう。

新しいことといっても現場に関係なければダメです。

あくまで業務の範疇でやりましょう。

 

興味がある方は見ていってください。

この記事はこんな人におすすめ
・やる事が無くなった。
・今日は何しようかいつも考えている。
・何かしたい

 

この記事で伝えたいこと
・自分の未来への投資をしよう

【結論】やる事がないなら経験の整理と未来の勉強をしよう

着工前の現場や竣工検査後の現場などはやる事が少なく、ついつい時間を持て余し気味になってしまいます。

着工前は考えることはたくさんありますが、竣工検査後は毎日何しようかと悩む人がいるのではないでしょうか。

 

毎日メールやエクセルを開いたり閉じたりとただ時間を潰すのはとてももったいない。

 

何か出来ることはないかと言えば

自分への投資が出来ます。

 

自分への投資とは「経験の整理」と「未来への勉強」です。

 

どういうことか説明しましょう。

 

 

暇になったらやっておくこと「経験の整理」

現場をやっているとあれやれこれやれと忙しく、どんどん計画や書類の作成で振り返る時間がありません。

 

もっとこうしていれば良かった。

あれがあれば良かった。

と考えることはあるでしょう。

 

次から次に押し寄せてくる仕事にそんな余裕はありませんが着工前や竣工後はそんな暇があります。

今まで使っていたデータを一新して使いやすいようにすることで次の工事で楽ができるようになります。

 

例えばですが

・FAX送信表
・資材注文表
・チェックシート
・連絡帳
・CAD仮設備品データ

これらのことを改良することが出来ます。

時間がなくて有る物で仕事をしていたけど、時間がある時に整理することで次からとても使いやすくなります。

 

 

暇になったらやっておくこと「未来への投資」

現場で暇になったら未来への投資をしましょう。

投資といってもお金をかけるわけではありません。

 

自分の成長のために時間を使うのです。

 

いくつか具体的な案を出します。

・工事中は分からなかったやり方や収まりを調べる。
・興味のある工種の勉強をする。
・CADの使いたいを勉強する。又は3DCADに挑戦する。
・エクセルの便利な機能を覚える。マクロを覚える。
・画期的なソフトを使ってみる。
・仕事に関係のある資格取得をする。

これらのことは仕事に関係があるため、もし仕事中にやっていても別に怒られるようなことはありません。

このようなことをやることで自分のレベルアップを図ることができるし、給料はもらえる。

新しい技術が身につけば、仕事が楽になる。

 

暇な時間を有効活用することで自分の未来への投資になります。

暇な時間を仕事をしているフリなんかしないで前向きに新しいことに挑戦しましょう。

 

 

現場監督のまとめ

暇な時間があったらを有効活用しよう
経験の整理をしよう
未来への投資をしよう

 

現場監督が暇になる事なんて、なかなかありませんがたまーーーーにあります。

暇だなと思わず、何か未来の自分のために使いましょう。

あの時やっとけばなんて後悔しても遅いですからね。

 

 

如何でしたでしょうか。

 

↓ボタンを押して応援よろしくお願いします。


建設・不動産業ランキング

コメント