【現場監督の業務】朝礼は15分で簡単に終わらせよう

効率・時間短縮
笑顔
笑顔

本日の作業はあーでこーでうんたらかんたら、、、

作業員 苛立
作業員 苛立

長いなぁ

現場の朝礼は大切なことを言ってますが、伝わなければ意味がありません。

どうすれば伝わるのか

 

興味がある方はご覧ください。

この記事はこんな人におすすめ
・朝礼の仕方が曖昧
・何を伝えればいいのかよく分からない
・作業員が朝礼を聞いてない気がする

 

この記事で伝えたいこと
・何を伝えたいかをしっかり考えて朝礼は話しましょう。

【結論】15分で朝礼を終わらせるには関係あることだけ話す

怒り
怒り

朝礼が長い

朝礼が長い人は大体あまり関係のないことを話していたり、同じことを繰り返してたりしています。

朝礼は要点だけまとめるとそんなに時間はかかりません。

話したいことを話し始めると時間はどんどん長くなりますが、伝えたいことと考えるとそんなに時間はかかりません。

 

 

【経験】何を伝えたいか分からない朝礼と同じことを繰り返す課長

笑顔
笑顔

今日はこんなことがあるかもしれません。皆さん気を付けましょう。

作業員 苛立
作業員 苛立

ん?何に気を付ければいいんだ?

笑顔
笑顔

今日はこんな人がきます。皆さん、よろしくお願いします。

作業員 苛立
作業員 苛立

ん?何をよろしくお願いされればいいんだ?

 

このようにありそうな出来事を言うのは良いのですが、対策を言わない人がたくさんいます。

また、「こんな感じ~」「だいたい~」のようなあいまいな表現を好む人もたくさんいます。

 

なんとなくで言われる方は「何を具体的にすれば良いんだ?」となります。

そのことを言って具体的に何をしてほしいかを考えて話すことが重要です。

 

又、長い朝礼が厄介なのが課長が話すことです。

今まさに私の現場で起きていることですが、課長の話が長くて、要点がなくて、繰り返しをすることです。

 

「それさっき朝礼当番から聞いた。」

「同じこと何回も言っているな。」

「で、結局何が言いたかったの?」

 

このようなことになるので、時間で言えば5分くらい作業員や現場監督の時間が無駄になります。

要点をまとめるって大事ですよね。

 

 

【現場の朝礼を短く】朝礼で伝えたいことをメモしよう

まずは朝礼の簡単な流れをおさらいしましょう。

朝礼は

1、ラジオ体操

2、各業者の作業内容と人員

3、朝礼当番からの現場作業と注意事項と行事

4、他の現場監督からの伝えたいこと

5、締めの掛け声

となります。

 

全部大事ですが、全部やろうとすると30分はかかるでしょう。

いくつかやらなくてよいことがあります。

順番に考えてみましょう。

 

 

【現場の朝礼】1、ラジオ体操

ラジオ体操は大事です。

もう、アラフォーのおっさんな私ですが現場で体を動かすなんてラジオ体操くらいです。

体を動かしたり、伸ばしたりすることで怪我をしにくくなるので、だるいと思わずにしっかり運動しましょう。

 

 

【現場の朝礼】2、各業者の作業内容と人員

次に各業者からの作業内容と人員です。

 

ここで時間短縮ができます。

各業者の作業内容を減らしましょう。

 

考えてみると他の業者の作業内容って気になりますか?

そんなに気になりませんよね。

 

マイクをもったら他職への注意事項と人数だけで良いと思います。

業者数にもよりますが、これで2割くらい朝礼時間が減ります。

 

 

【現場の朝礼】3、朝礼当番からの現場作業と注意事項と行事

朝礼当番は現場作業と注意事項と行事を主に話します。

隅から隅まで話したくなる気持ちは分からなくはないですが、それは伝わっていませんよ。

 

大体の方はそうですが自分に関係あることしか聞いていません。

現場の端っこで単独でやっている作業や他の人の軽作業などは対して気にしてないのです。

 

ですので朝礼で言うことは

業者が入り混じっているところ

危険な箇所

立ち入り禁止

などを重点的にいいましょう。

 

特に重機作業や高所作業は念を押して具体的に何がダメなのかをいうことが大事です。

どの作業がどのように危なくて何をしてはいけないのか

これをはっきり言いましょう。

 

 

【現場の朝礼】4、他の現場監督からの伝えたいこと

ここは実は入りません。

朝礼当番が全部話せばいいのです。

 

他の現場監督が朝礼当番の後に言うということは朝礼当番が伝えきれてないことがあるからです。

まあ、朝礼当番の話を聞いてない現場監督の人もいますけどね。

 

朝礼前に他の人に何か言いたいことはありますかと聞いてみましょう。

面倒かもしれませんが続ければ、向こうからこれのこと話しといてと言ってくるでしょう。

 

他の人が勝手に話すからいいやでは朝礼の時間は短くなりません。

朝礼が短くなれば、現場の作業員の作業時間が多くなり、工程に余裕ができます。

要点を考えて話しましょう。

 

 

【現場の朝礼】5、締めの掛け声
驚きネコ
驚きネコ

今日も安全作業でがんばろう

驚きネコ
驚きネコ

今日も1日ご安全に

などですね。

この掛け声がないと朝礼が締らないのでぜひ言いましょう。

 

 

以上です。

朝礼を短くするには何を言うかは簡潔にはっきり言う必要があります。

話している途中で何を話そうかと慣れで話すと要点がまとまりません。

 

要点をまとめるにはメモをしましょう。

 

朝礼の時は作業間連絡調整記録を持っていると思います。

端っこの白い部分に何を言うかをメモすれば言うことを忘れませんし、何を話すかがはっきりします。

おすすめです。

 

 

現場監督のまとめ

朝礼を短くするには要点をまとめる
朝礼が短くなった分、作業員が働く時間が増えて工程に余裕が出来る
朝礼で言うことをメモしよう

 

朝礼なんてだらだらやる必要は一つもありません。

しかし、重要なことは言う必要があります。

それは皆に関係ある事です。

今日もご安全に

 

 

 

↓ボタンを押して応援よろしくお願いします。


建設・不動産業ランキング

 

 

コメント