【現場監督の教育】部下が使えないのは、あなたのせいかもしれませんよ

人間関係
怒り
怒り

あの部下は何度言っても失敗する!!!!!

まあまあ、そう怒らずに

育てるのも上司の仕事のうちですよ。

どうすれば成長するのか考えてみましょう。

 

興味がある方はご覧ください。

この記事はこんな人におすすめ
・部下が出来なさ過ぎてイライラする
・何度言っても同じ失敗をする
・部下の教育までなんでしなくてはいけないのかと思う

 

この記事で伝えたいこと
・部下が成長すれば自分が助かります

【結論】部下を成長させれば自分が楽になりますよ

考える
考える

部下が使えない・・・

そう決めつけるのは早すぎます。

「十人十色」という言葉があるように、出来ることも考えることも人それぞれです。

「十人十色」とは「性格やものの考え方、とらえ方などは人によってそれぞれ異なる」という意味があります。「十人いれば十通りの色がある」とそれぞれが違うことを色を用いて表しています。意見や行動、感情なども人それぞれで、一律ではないことを表す際に使う言葉です。

 

そもそも部下が自分より仕事を出来ていれば指導する必要はありませんからね。

 

ではその部下を育てるために何をするかと言えば

正しく教育することです。

 

正しい教育とは「知識」と「法律」を教えるようにしましょう。

我々現場監督が現場監督でいるためには建物を正しく建てることにあります。

人によって基準がぶれて、建築基準法が守れなければ意味がありません。

 

部下に教える時はただの経験ではなく、

何の知識か(設計図、カタログや要領書等)

何の法律か(建築基準法、安全衛生規則等)

が前提になくては正しく指導できません。

 

基準があいまいになってしまいますからね。

部下が使えないと嘆く前に自分が正しい知識を持っているか考えましょう。

 

 

【価値観】部下が自分より仕事が出来るようになれば勝ち

笑顔 若手
笑顔 若手

先輩、こんなことも知らないんすか

ちょっとむっとしますが、後はうれしく思います。

 

部下が仕事が出来るということは自分の仕事が楽になるということですから

 

現場監督の相手は部下でもありませんし、人でもありません。

現場監督の相手は建物です。

 

建物を建てる上で自分より仕事が出来る人がいたら心強いでしょう。

別に部下は味方ですので、どんどん力をつけてもらいましょう。

 

現場監督なんてそうそう昇進なぞしません。

それより現場の業績が良くなって、会社の業績が良くなって、給料が良くなる方がいいと思います。

 

かの有名なスヌー〇ーも言ってましたが

「配られたカードで勝負するしかないのさ…..それがどういう意味であれ。」

 

実にその通りだと思います。

嘆けば環境が変わるのか、すごい部下が来るのか

長い目で見れば変わるかもしれませんがすぐには変わりません。

 

どちらにしろ今ある環境でどうするかを考えなくては何も変わりません。

それには周りを変えていくことでもあるし、自分も変わるべきなのです。

まずは部下の教育から始めましょう。

 

 

【現場監督の教育】部下を成長させよう

私はいつも自分より仕事が出来るように部下の教育を心がけています。

仕事への考え方

やる事のリスト化

どの参考書に書かれているのか

この辺を教えます。

 

面倒ですけど教えます。

 

教える時に気を付けることは

次からどう調べればよいのかを教えることです。

 

大体の人はあの人に聞けばいいやと聞くことに意識が向いてしまいます。

 

でも聞かれてる人の判断基準は何なのでしょうか

それは何か信用できる物がある事です。

 

それは設計図だったり、図面だったり、参考書だったり、カタログだったりします。

何を見れば分かるのかが分かれば次からは自分で調べるようになります。

 

現場の調整なども「誰に」を意識して教えましょう。

この工事は誰が関係あるのか。

その人達に意見を聞いて、上手くいくようにまとめればいいのです。

 

部下に意識して教えることは自分がいなくても出来る方法を教えるようにすることです。

ほったらかしてはダメですよ。

出来るようになるまでは気長に教えなくてはいけません。

 

その先は自分が楽になりますから

 

 

現場監督のまとめ

部下が使えないと嘆いても何も変わらない
自分も部下も成長しよう
部下が自分より仕事が出来たら自分の仕事が楽になる

 

現場監督に勝ち負けはありませんがあえて勝ち負けを作るとすれば良い建物が出来れば勝ちです。

 

そのためには部下が仕事をバリバリこなせるようにできれば勝ちに近づきます。

「自分より出来るからなんか嫌だ」なんてつまらんプライドは捨ててどんどん教えてどんどん仕事をしてもらいましょう。

 

今日もご安全に

 

 

 

↓ボタンを押して応援よろしくお願いします。


建設・不動産業ランキング

 

 

コメント